コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼港 ニコウ

大辞林 第三版の解説

にこう【尼港】

ロシア連邦の都市ニコラエフスク-ナ-アムーレの日本名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の尼港の言及

【ニコラエフスク・ナ・アムーレ】より

…〈アムール河畔のニコラエフスク〉の意。単にニコラエフスクと呼ぶことも多く,日本では尼港の名で呼ばれた。アムール川下流,河口から約80kmの左岸にある。…

※「尼港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尼港の関連キーワードニコラエフスク・ナ・アムーレ五味 国太郎シベリア出兵溝口 白羊中岡 艮一多門 二郎ロシア連邦三浦 虎雄三宅 駸五石田 虎松石田虎松石川光儀原敬内閣尼港事件石川正雅三宅駸五樺太オハ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android