コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾栓 びせんbolt

翻訳|bolt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾栓
びせん
bolt

火器 (砲や) の尾部を閉鎖するために備えてある栓のことで,大砲では尾栓,小銃では遊底と呼ぶ。尾栓には発火装置と緊塞具 (砲身と尾栓のすきまからのガス漏れ防止具) が具備されている。 1850年代から後装砲の閉鎖装置として,さまざまの型の尾栓が発明された。砲身と尾栓のかみ合せ方法によって,螺栓式 (ネジ型) ,鎖栓式,横栓式,その他の型がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

尾栓の関連キーワードプロフェッショナルギア レアロフナクイムシ(船喰虫)アームストロング砲プロフィットレアロアームストロングフナクイムシクルマエビ無反動砲精子競争速射砲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android