コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火器 カキ

大辞林 第三版の解説

かき【火器】

銃砲など、火薬を用いる武器の総称。 「重-」
火鉢など、火を入れる器具。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の火器の言及

【白兵戦】より

…白兵とは,斬る,突くという機能をする兵器で,刀,剣,槍など白刃を有するものを総称し,これらをもって行う近接格闘戦を白兵戦といった。白兵に対応するものは火兵であり,火薬ガスの圧力を利用して弾丸を発射する兵器を火器といい,これを使用する戦闘を火戦といった。旧日本軍においては,戦闘経過の大部分を占めるのは火戦であるが,結局は突撃を実施して白兵戦を交え,敵を撃滅して戦闘に最終の決を与えるものであると強調された。…

※「火器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火器の関連キーワードターゲットドローンファイアパワー射撃管制装置ニューヘブンブラウニング射撃統制装置火器管制装置ギリシアの炎防衛装備品ロケット砲対空戦闘車炮録火矢鉄砲見世無反動砲天工開物自動火器制圧射撃小火器軽火器火入れ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火器の関連情報