コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊底 ゆうていbolt

翻訳|bolt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊底
ゆうてい
bolt

後装銃で弾薬を詰めるために,銃身の後尾を開閉する装置。砲の場合は尾栓という。小銃の場合は,撃針を内蔵する普通鋼製の円筒で,操作のための丸い握りが取付けられている。遊底の前あるいはうしろにある突起が銃身後尾の溝にかみ合って,遊底をしっかりと固定する。引き金を引くと,撃針がスプリングによって前に飛出し,弾薬底の雷管を撃つ。発射ののち,射手が突起をはずして遊底を引くと,空の薬莢が排出される。前に押出すと再び弾薬筒が弾倉から補充される。これを繰返して,弾倉が空になるまで発射する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐てい〔イウ‐〕【遊底】

銃の基部にある部位。薬室への弾薬の装填(そうてん)、撃発、後部へのガス漏れの閉鎖、発射後の空薬莢(からやっきょう)の排除などを行う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうてい【遊底】

銃身の後部にあり、前後にスライドして、弾薬の装塡・発射、空薬莢からやつきようの排出などを行う装置。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の遊底の言及

【小銃】より

…腔線は,弾丸飛行時の弾軸の安定を図り,つねに弾丸が弾道切線上に接して飛行しうるように弾丸に旋動を与えるためのものである。銃尾機構は銃身を保持するとともに,送弾,装塡,閉鎖,撃発等の行程を自動的,半自動的,または手動で行うためのものであり,尾筒,遊底部,引金,逆鉤(げきこう),撃鉄,復座ばね,作動装置(ピストン,ガス筒等)などからなる。尾筒はその内部に遊底部,復座ばね,作動装置を収容し,かつこれらに運動を行わせるものであり,遊底室を形成する。…

※「遊底」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone