コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局地激甚災害 きょくちげきじんさいがい

1件 の用語解説(局地激甚災害の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

局地激甚災害

地震、台風、豪雨などの災害のうち、特に甚大な被害を与えたものを市町村単位で指定する制度。「局激」と略される。1962年に制定された激甚災害制度では、全国規模の激甚災害(本激)を指定する「激甚災害指定基準」しか設けられておらず、地域規模の激甚災害を指定する基準はなかった。そのため、国は68年に「局地激甚災害指定基準」を設定。被害の大きさが一定規模以上の市町村に対し、復旧工事への財政援助などの特例措置が適用されることとなった。同基準は、その後複数回に渡って改正が行われ、2013年現在は11年の基準が用いられている。

(2013-3-14)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

局地激甚災害の関連キーワード災害派遣災害統計二次災害被災者防災頭巾大災害土砂災害の増加台風21号の集中豪雨台風9号豪雨災害台風21号豪雨

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

局地激甚災害の関連情報