被害(読み)ひがい

精選版 日本国語大辞典「被害」の解説

ひ‐がい【被害】

〘名〙 を受けること。損害をこうむること。また、その受けた損害。⇔加害
※新聞雑誌‐第二三号・明治四年(1871)一二月「之に因て年々の被害(ヒガイ)を緩ふする時は」
※細雪(1943‐48)〈谷崎潤一郎〉中「床上一尺ぐらゐまで浸水してゐて、相当の被害はあるらしかった」 〔漢書‐西南夷伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「被害」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「被害」の解説

【被害】ひがい

害を受ける。〔漢書、西南夷伝〕杜欽~曰く、~如(も)し先立つる累世を以て墮壞すべからずとせば、亦た宜しく其の(はうが)に因り、早く之れを斷すべし。已に形をすにんで、然る後に戰師せば、則ちを被らん。

字通「被」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android