コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層状マンガン鉱床(読み)そうじょうマンガンこうしょう(英語表記)bedded manganese deposit

世界大百科事典 第2版の解説

そうじょうマンガンこうしょう【層状マンガン鉱床 bedded manganese deposit】

層状をなして産する堆積性のマンガン鉱床で,マンガンの主要供給源。生成時代は先カンブリア時代から第四紀にわたる。主要産出国と世界の総産出量に対する割合(1985)は,旧ソ連(32%),南ア(17%),ガボン(12%),ブラジル(12%)で,いずれも層状マンガン鉱床を採掘している。埋蔵量は南アが最大で,世界の53%を占める。ソ連の代表的鉱床は黒海沿岸のニコポリ(現ウクライナ領)で,砂岩を主とする漸新世の浅海堆積物中に産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android