コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層状マンガン鉱床 そうじょうマンガンこうしょう bedded manganese deposit

1件 の用語解説(層状マンガン鉱床の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうじょうマンガンこうしょう【層状マンガン鉱床 bedded manganese deposit】

層状をなして産する堆積性のマンガン鉱床で,マンガンの主要供給源。生成時代は先カンブリア時代から第四紀にわたる。主要産出国と世界の総産出量に対する割合(1985)は,旧ソ連(32%),南ア(17%),ガボン(12%),ブラジル(12%)で,いずれも層状マンガン鉱床を採掘している。埋蔵量は南アが最大で,世界の53%を占める。ソ連の代表的鉱床は黒海沿岸のニコポリ(現ウクライナ領)で,砂岩を主とする漸新世の浅海堆積物中に産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

層状マンガン鉱床の関連キーワード岩塩硬マンガン鉱水マンガン鉱軟マンガン鉱人形峠マンガン土緑マンガン鉱ラテライト性マンガン鉱床湖沼鉱床スカルン鉱床

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone