海中(読み)カイチュウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ちゅう【海中】

海のなか。また、海の真ん中。「海中の小島」

わた‐なか【海中】

《「わだなか」とも》の中。海上。
「ありねよし対馬の渡り―に幣(ぬさ)取り向けてはや帰り来(こ)ね」〈・六二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいちゅう【海中】

海の中。

わたなか【海中】

〔「わだなか」とも〕
海の中。 「ありねよし対馬の渡り-に幣ぬさ取り向けてはや帰り来ね/万葉集 62

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うみ‐なか【海中】

〘名〙
① 海の、表面より下の方。かいちゅう。
※武藤本竹取(9C末‐10C初)「舟をうみ中にまかり入りぬべく吹きまはして」
② 海の沖の方。海洋のまっただなか。海上。うみなかば。
土左(935頃)承平五年一月二九日「『こまつもがな』といへど、うみなかなれば、かたしかし」

かい‐ちゅう【海中】

〘名〙 海という範囲の内。海の上や海面下。現在では多く海面下をいう。
※菅家文草(900頃)三「海中不繋舟、東西南北流」
※平家(13C前)七「追討せられし時も、〈略〉件の馬にうちのって、海中に馳せ入りけるとぞ聞えし」 〔史記‐秦始皇本紀〕

わた‐なか【海中】

〘名〙 (「わだなか」とも) 海のなか。海上。海面。わたのなか。
※万葉(8C後)一・六二「ありねよし対馬の渡り渡中(わたなか)に幣取り向けて早帰り来ね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海中の関連情報