海中(読み)うみなか

精選版 日本国語大辞典 「海中」の意味・読み・例文・類語

うみ‐なか【海中】

〘名〙
① 海の、表面より下の方。かいちゅう。
※武藤本竹取(9C末‐10C初)「舟をうみ中にまかり入りぬべく吹きまはして」
② 海の沖の方。海洋のまっただなか海上。うみなかば。
土左(935頃)承平五年一月二九日「『こまつもがな』といへど、うみなかなれば、かたしかし」

かい‐ちゅう【海中】

〘名〙 海という範囲の内。海の上や海面下。現在では多く海面下をいう。
菅家文草(900頃)三「海中不繋舟、東西南北流」
平家(13C前)七「追討せられし時も、〈略〉件の馬にうちのって、海中に馳せ入りけるとぞ聞えし」 〔史記‐秦始皇本紀〕

わた‐なか【海中】

〘名〙 (「わだなか」とも) 海のなか。海上。海面。わたのなか。
万葉(8C後)一・六二「ありねよし対馬の渡り渡中(わたなか)に幣取り向けて早帰り来ね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「海中」の意味・読み・例文・類語

かい‐ちゅう【海中】

海のなか。また、海の真ん中。「海中小島
[類語]海上海面洋上

わた‐なか【海中】

《「わだなか」とも》海の中。海上。
「ありねよし対馬の渡り―にぬさ取り向けてはや帰りね」〈・六二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android