山本 日出子(読み)ヤマモト ヒデコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
女優

本名
本間 秀子

生年月日
明治30年 7月12日

出生地
長野県 上田市

学歴
上田高女卒

経歴
大正11年、牧野教育映画製作所入社。映画初出演は「命の灯」。12年マキノ映画と改称後「火の車お万」、「男が妻を選ぶ時」、喜劇「結婚すべからず」で夫の本間直司と共演。東亜キネマ合併後、阪東妻三郎主演「清水次郎長」で悪女役。「勤王」で雲井竜之介の相手役。昭和に入り「松前鉄之助」で光岡竜三郎の相手役。幹部女優として東亜を退社した。

没年月日
?

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android