勤王(読み)キンノウ

デジタル大辞泉「勤王」の解説

きん‐のう〔‐ワウ〕【勤王/勤皇】

《「きんおう」の連声れんじょう天子のために忠義を尽くすこと。特に江戸末期、佐幕派に対し、天皇親政を実現しようとした思潮。また、その政治運動。尊王。「勤王志士

きん‐おう〔‐ワウ〕【勤王/勤皇】

きんのう(勤王)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「勤王」の解説

【勤王】きんおう(わう)・きんのう

天子のためにつくす。潘岳西征〕百寮の王の、咸(ことごと)く力を畢(つく)して、以て死を致すを痛む。

字通「勤」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android