山田土麻呂(読み)やまだの ひじまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田土麻呂 やまだの-ひじまろ

?-? 奈良時代の官吏。
駅鈴などをあつかう少主鈴をつとめる。元正(げんしょう)天皇の大和山村行幸のとき,天皇の歌とそれに和した舎人(とねり)親王の歌を記憶しており,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)5年(753)大伴家持(おおともの-やかもち)に伝誦したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android