コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐阜和傘

1件 の用語解説(岐阜和傘の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

岐阜和傘

岐阜市歴史博物館長の藪下浩さん(67)によると、江戸時代前期の1639(寛永16)年、金右衛門という傘屋が現在の兵庫県明石市から来たとの史料がある。江戸後期に加納藩主の永井氏が財政再建のため、下級武士の内職として和傘づくりを奨励し、地場産業として確立。その後の需要の急増で高度に分業化し、大量生産を可能にした。最盛期の1948年、年間生産量は800万本に達し、約5万人が従事した。岐阜和傘振興会の前会長藤沢健一さんは加納地区での現在の生産量を「1万本に届かない」とみている。

(2014-03-24 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岐阜和傘の関連キーワード登米市歴史博物館横浜市歴史博物館大野市歴史博物館岐阜市歴史博物館安城市歴史博物館大津市歴史博物館鳥取市歴史博物館筑紫野市歴史博物館那覇市歴史博物館岐阜県岐阜市大宮町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岐阜和傘の関連情報