コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛延 カンエン

デジタル大辞泉の解説

かんえん〔クワンエン〕【寛延】

江戸中期、桃園天皇の時の年号。1748年7月12日~1751年10月27日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんえん【寛延】

年号(1748.7.12~1751.10.27)。延享の後、宝暦の前。桃園天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんえん【寛延】

日本の元号(年号)。江戸時代の1748年から1751年まで、桃園(ももぞの)天皇の代の元号。前元号は延享(えんきょう)。次元号は宝暦(ほうれき)。1748年(延享5)7月12日改元。桃園天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。寛延年間の江戸幕府将軍は徳川家重(いえしげ)(9代)。朝廷は同年4月25日に改元を行う予定だったが、その日は徳川家継(いえつぐ)(7代将軍)の三十三回忌法要の当日。改元日について朝幕間で紛糾したが、朝鮮通信使が来日中ということもあり、2ヵ月半延期することで妥協が成立した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

寛延の関連キーワード杵屋弥十郎(1世)竹本紋太夫(初代)高麗左衛門(4代)河合勘解由左衛門竹沢弥七(1世)和気亀亭(初代)丸山権太左衛門双蝶々曲輪日記国佐(3代)絡繰り芝居富本豊前掾石井行忠安達喜之徳川家継大龍宗丈鍋島直恒布志名焼徳川家重石塚国保秋田定季

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛延の関連情報