熟練(読み)じゅくれん

精選版 日本国語大辞典「熟練」の解説

じゅく‐れん【熟練】

〘名〙 (形動) 物事によくなれて、巧みなさま。練達。また、なれて上手になること。熟達
※済北集(1346頃か)二〇「学者醇粋以思。涵養熟練自合於本文矣」
※経済要録(1827)一一「能く此業を熟練して精粋を尽すにれば、上品を出すこと能はざる者なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「熟練」の解説

じゅく‐れん【熟練】

[名・形動](スル)物事に慣れて、手際よくじょうずにできること。また、そのさま。「熟練を要する仕事」「熟練した技能」
[類語]上達熟達円熟習熟老練練熟練達腕を上げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「熟練」の解説

【熟練】じゆくれん

熟達する。また、ねりぎぬ。陸游〔立夏〕 日斜めにして湯沐罷(や)み 熟單衣を試む

字通「熟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android