コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡崎慎司 おざきしんじ

3件 の用語解説(岡崎慎司の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

岡崎慎司

サッカー選手。174センチ、76キロ。1986年4月16日、兵庫県宝塚市生まれ。小学2年生の時にサッカーを始める。滝川第二高校に進学し、全国大会に出場。高校を卒業した2005年、清水エスパルスに入団。08年には10得点を挙げエースとして注目されるようになった。同年の北京五輪では日本代表として出場。09年にはJリーグベストイレブンに選出され、優秀新人賞を獲得。また、08年には日本代表(A代表)に初選出され、09年、計16試合に出場し15得点を挙げて、国際サッカー歴史統計連盟により世界得点王に選出された。10年、11年も日本代表となり、11年1月7日には自身3度目となるハットトリックを決めた。同年1月、ドイツのプロサッカーリーグブンデスリーガ」のクラブ「VfBシュトゥットガルト」に、推定年俸130万ユーロ(3年半契約)で移籍。同年2月、UEFAヨーロッパリーグにデビュー。同年5月、ブンデスリーガでの初ゴールを決める。13年2月6日、日本代表として通産30ゴールを歴代最速で達成。同年6月24日現在、日本代表史上4位となる35ゴールを決めている。

(2013-6-21)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡崎慎司 おかざき-しんじ

1986- 平成時代のプロサッカー選手。
昭和61年4月16日生まれ。ポジションはFW。平成17年清水エスパルス入団。19年U-22,20年U-23の日本代表となり,北京五輪に出場。同年A代表となり,キリンチャレンジカップのアラブ首長国連邦戦で国際Aマッチ初出場,翌年はAマッチ16試合に出場して15得点をあげた。ゴール前のダイビングヘッドが得意。21年Jリーグ・ベストイレブン。22年FIFAワールドカップ(南アフリカ大会)の日本代表にえらばれ,全4試合に途中出場。グループリーグのデンマーク戦で1得点をあげた。23年ドイツのVfBシュツットガルトに,25年1.FSVマインツ05に移籍。26年FIFAワールドカップ(ブラジル大会)の日本代表にえらばれる。27年イギリスのレスター・シティFCに移籍。兵庫県出身。滝川第二高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡崎慎司
おかざきしんじ
(1986― )

プロサッカー選手。フォワード(FW)。4月16日、兵庫県生まれ。滝川二高―清水エスパルス―VfBシュトゥットガルト(ドイツ)―FSVマインツ05(ドイツ)。Jリーグ初出場は2005年(平成17)12月3日、サンフレッチェ広島戦。国際Aマッチ初出場は2008年10月9日、UAE戦。U23(23歳以下)日本代表として2008年オリンピック北京大会に出場した。2010年ワールドカップ南アフリカ大会、2014年ワールドカップ・ブラジル大会の日本代表選手。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡崎慎司の関連キーワード三浦知良栃木サッカークラブ日本プロサッカーリーグ川淵三郎鈴木啓太都築竜太山口智田中達也槙野智章スペシャルライセンスプレーヤー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡崎慎司の関連情報