出場(読み)しゅつじょう

精選版 日本国語大辞典「出場」の解説

しゅつ‐じょう ‥ヂャウ【出場】

〘名〙
① その場所に出ること。ある場所へ出て行くこと。また、一定の場所から外に出ること。
※刑法(明治四〇年)(1907)三〇条「拘留に処せられたる者は情状に因り何時にても行政官庁の処分を以て仮に出場を許すことを得」 〔水滸伝‐四四回〕
② 競技などに参加すること。
※大道無門(1926)〈里見弴〉遠雷「なんにも知らない馬を、旅労のまま出場(シュツヂャウ)させなければならなくなった」

で‐ば【出場】

〘名〙 「でばしょ(出場所)」の略。
※名語記(1275)二「さしいづべき、出場也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出場」の解説

しゅつ‐じょう〔‐ヂヤウ〕【出場】

[名](スル)
その場所に出ること。
競技会などに参加すること。「野球大会に出場する」⇔欠場
消防車・救急車が現場におもむくこと。出動。「出場体制」
改札口出入り口などを通って、場内・構内から外へ出ること。

で‐ば【出場】

出場所(でばしょ)」に同じ。「主役出場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android