コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩槻木綿 イワツキモメン

2件 の用語解説(岩槻木綿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いわつき‐もめん〔いはつき‐〕【岩×槻木綿】

さいたま市岩槻区付近で産する木綿織物のれんふろしきなどに使われる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩槻木綿の言及

【岩槻[市]】より

…90年高力(こうりき)清長岩槻入城とともに4万2145坪(約14ha)の地子が免許され,戦禍で離散した町人の還住がはかられ1・6の六斎市が復活した。この市立てについては1601年(慶長6)高力河内守(清長)が掟書を発し市場の統制をはかっているが,ここで取引される木綿は岩槻木綿と称され特産品の一つである。宿内は市宿,久保宿,渋江,横町,富士宿,林道,田中,新曲輪,新町の9町からなっており,城下九町と称されたが,このなかに代官町,同心町など岩槻藩家中の屋敷地が設けられていた。…

※「岩槻木綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone