コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふろしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ふろしき

風呂敷とも書く。物品を包み携行する方形の布。材料は絹,木綿化繊,ビニル合成樹脂などで,いろいろな模様が染められたり,印刷されている。平安時代末期から鎌倉時代にかけて平裹 (ひらづつみ) と呼ばれたが,江戸時代に入って銭湯が流行するとともに,風呂屋通いに入浴用品や衣類を包むのに普及し,この名が生れたという。大きさは3尺 (約 1m) 四方のものから,寝具が包める大幅ものまで各種ある。東北地方ではふろしきぼっち (帽子) と呼んで女性の防寒用頭巾としても使われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ふろしきの関連キーワード落語の「落ち」の種類甲斐絹(かいきぬ)プリント綿織物毒消し売り粗相惣兵衛2月23日京和装小物前川康男李 御寧長浜縮緬こっくり誕生祝い座ぶとん天竺木綿モカシン大風呂敷脇掛ける岩槻木綿信玄袋抱える

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふろしきの関連情報