岩粉(読み)がんぷん

岩石学辞典の解説

岩粉

一般には岩石物質が粘土の程度に細かく粉砕されたものをいう.しかし氷河や氷原の磨砕作用で形成されたものにも使用する場合には,風化されない大きな鉱物粒子が含まれている.これ以外に生物起源の細粒の珪酸粉末に使用する[Naboko : 1954].glacier meal, glacial meal, glacial flor, rock mealなどすべて同じ意味の語.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩粉の関連情報