コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坑内粉塵 こうないふんじん mine dust

2件 の用語解説(坑内粉塵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坑内粉塵
こうないふんじん
mine dust

鉱山や炭鉱の坑内において,採掘,坑道の掘進,運搬その他の作業に伴って発生する粉塵の総称。これらのうちおもなものは,炭塵および岩粉である。炭塵は主として石炭の採掘,沿層坑道の掘進,石炭の積込み,運搬途中における石炭の積替えなどで発生し,坑内気流中に浮遊し,あるいは坑道に堆積して爆発およびその伝播に関係する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうないふんじん【坑内粉塵 mine dust】

鉱石および石炭の採掘,坑道の掘進,その他坑内作業に伴って発生する粉塵の総称。石炭質粉塵は,別に炭塵coal dustと呼ぶ。粉塵としての粒子の大きさ(粒径)はとくに定義づけられていないが,普通は数百μm以下のものを指す。坑内で発生した粉塵は通気によって流下するが,長時間気流中に浮遊しているものを浮遊粉塵,坑道や切羽の床や支柱上に堆積しているものを堆積粉塵といい,粒径は前者が10μm以下,後者はそれ以上のことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坑内粉塵の関連キーワード坑道掘進採鉱機械掘り掘進払い鉱石落し石炭の成分デュロンの式(石炭)陽泉踏前

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone