崇興寺双塔(読み)すうこうじそうとう(英語表記)Chong-yu-si shuang-ta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崇興寺双塔
すうこうじそうとう
Chong-yu-si shuang-ta

中国,遼寧省北鎮県県城内にある2基の 塼塔 (せんとう。煉瓦造の塔) 。崇興寺は遼代頃の創建と考えられ,昔は遼西と遼東との間の交通の要所に位置していた。寺内の建物はほとんど清代のもので,東西の両塔は 塼築でともに八角十三重屋根,全高約 39m。保存がよく細部まで完備しており,遼代末期を下らない頃の作であろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android