巡歩(読み)めぐりありく

精選版 日本国語大辞典の解説

めぐり‐あり・く【巡歩】

和泉式部日記(11C前)「心えぬとのゐのをのこどもぞめぐりありく」
発心集(1216頃か)六「月のあかかりけるに、笛を吹てなむ御所を(メク)りありきける」

めぐり‐ある・く【巡歩】

〘自カ五(四)〙 あちこち歩きまわる。遍歴する。めぐりありく。
霊異記(810‐824)下「天の下の国を周(メグリ)(アルき)て〈真福寺本訓釈 周行 上女具利下安留支〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる