御所(読み)ごしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御所
ごしょ

(1) 天皇座所禁中内裏の称。また天皇の敬称。 (2) 上皇三后親王将軍大臣などの居所をもさし,またそれらの人々をも称した。 (3) 現在では,東京の大宮,東宮各御所,京都の京都,京都大宮,仙洞各御所をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

お‐ところ【御所/処】

相手を敬ってその住所・住居をいうお住まい

ご‐しょ【御所】

天皇の御座所。禁中。内裏。また、天皇を敬っていう語。「京都御所
「―も二位殿抱き参らせて」〈弁内侍日記
上皇三后皇子の住居。また、それらの人を敬っていう語。「仙洞(せんとう)御所」「東宮御所
親王将軍大臣などの住居。また、それらの人を敬っていう語。
「―(=大塔宮)の落ちさせ給ふものなりと心得て」〈太平記・七〉

ごせ【御所】

奈良県西部の市。江戸初期には桑山氏の城下町大和絣(やまとがすり)の伝統を継ぐ繊維工業、大和売薬を母体とする製薬業が盛ん。吉野葛(くず)御所柿(ごしょがき)が特産。人口3.0万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごしょ【御所】

天皇・上皇・三后・皇子などのすまい。特に、天皇の御座所。古くは一定の場所だけではなく、その時々の居所をもいう。 「東宮-」 「 -の御舟をはじめ参らせて人々の舟どもみな出だしつつ/平家 4
に住んでいる人。天皇・上皇・三后などを敬っていう語。 「 -も二位殿抱き参らせて/弁内侍日記」
親王・大臣・将軍などのすまい。また、そこに住む人を敬っていう語。 「或る公卿の-へ宮仕はんとて/沙石 8

ごせ【御所】

奈良県西部の市。江戸初期、桑山氏の城下町。大和売薬・大和絣がすりで知られた。古代の遺跡が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐ところ【御所】

〘名〙 (「お」は接頭語) 相手を敬って、その住所をいう語。

ご‐しょ【御所】

〘名〙
① 天皇の御座所。禁中。内裏。皇居。また、天皇を敬っていう語。
※令義解(718)職員「大内記二人。〈掌詔勑。凡御所記録事〉」
② 上皇、三后、皇子の住居。また、それらの人を敬っていう語。
※大鏡(12C前)六「小松のみかどの、親王にておはしましし時の御所は」
③ 親王、将軍、大臣などの住居。また、それらの人を敬っていう語。
※吾妻鏡‐文治元年(1185)四月二一日「景時為御所近士
④ 将軍、大臣以上の公卿、またはその妻子を敬っていう語。隠居した人を大御所、幼年の者を小御所などといった。
※年中定例記(1525頃)「赤金にてうちたる鉢に入候て、日に三鉢づつ両御所様へ参候」
⑤ 江戸時代、内親王の住持した寺院や、これに準じた宮・公卿の娘の入寺した尼寺。比丘尼御所
※太政官布告‐明治四年(1871)六月一七日「今般御改正に付仁和寺大覚寺等を始め御所号、門跡号、院家、院室等の名称悉皆被廃止
※浮世草子・日本永代蔵(1688)一「御所(ごショ)の百色染」
※浄瑠璃・傾城酒呑童子(1718)一「だんもやうの染かづき、供の女がほうかぶり、御所のひんぬき」
※咄本・私可多咄(1671)一「じゅくしとは御所にかぎらず、しぶがきにても、よくうみたるを」

ごせ【御所】

奈良県中西部、金剛山地東麓の地名。奈良盆地の南西隅に位置し、古くは大和政権の政治の中心地、大陸渡来人の居住地。江戸時代初期は桑山氏の城下町。大和絣、大和売薬で知られた。古墳・史跡が多く、葛城神社、本修験宗総本山吉祥草(きっしょうそう)寺がある。JR和歌山線、近鉄御所線が通じる。昭和三三年(一九五八)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御所の言及

【京都御所】より

…1337年(延元2∥建武4),北朝の光明天皇のとき里内裏の土御門東洞院殿(つちみかどひがしのとういんどの)を皇居と定めたことに始まる。1869年(明治2)東京奠都(てんと)まで歴代天皇の内裏として同じ位置にあったが,御所敷地の規模は後世の再建・造替のたびに拡張された。室町時代には1401年(応永8)と43年(嘉吉2)に焼失し再建されており,1569年(永禄12)より織田信長が大修理を実施し,91年(天正19)に豊臣秀吉が新殿に造替した。…

【皇居】より

…天皇の住居。古くは宮,宮室,内裏,禁裏,禁中,禁闕,内,御所などのほか,大宮,大内,九重,百敷(ももしき)などの美称もあり,〈皇居〉の語も平安時代には記録に見える。東京遷都に際し,江戸城を東京城と改称,ついで皇城と公称したが,明治宮殿完成後は宮城を公称と定めた。…

※「御所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御所の関連情報