工官(読み)こうかん(英語表記)Gong-guan; Kung-kuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工官
こうかん
Gong-guan; Kung-kuan

古代中国において宮廷の御物や武器などをつくった官営工場。『周礼考工記』には木工,金工,皮工,色工,摩工などの 30工がみえるが,漢代には少府,水衡都尉などのもとに各種の官営直営工場と,河南,成都,広漢などの 10郡県に工官が,斉の臨 淄などに三服官があった。後漢代にはおもに手工業品の税収を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android