コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左丞相 サショウジョウ

デジタル大辞泉の解説

さ‐しょうじょう〔‐シヨウジヤウ〕【左×丞相】

《「さじょうしょう」とも》左大臣唐名。左相。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さじょうしょう【左丞相】

〔古くは「さしょうじょう」〕
左大臣の唐名。 ↔ 右丞相

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の左丞相の言及

【丞相】より

…丞相(〈じょうしょう〉とも読む)はその一つで,秦・漢に始まり,六朝を通じて,おおむね丞相が宰相の名であった。もし2人なる時は,左丞相が上で右丞相を下とする。唐になって三省の長官,中書令,門下侍中,尚書左右僕射を宰相とし,丞相を置かない。…

※「左丞相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

左丞相の関連キーワードイス・テムル(玉昔鉄木児)エセンブハ(也先不花)ブルハン(不児罕)皇后アリハイヤ(阿里海牙)バヤン(伯顔)[元初]バヤン(伯顔)[元末]テムデル(鉄木迭児)タオラシャ(倒剌沙)アラハン(阿剌罕)タンキス(唐基勢)アタハイ(阿塔海)アフタイ(阿忽台)バイジュ(拝住)元の時代(年表)ハマ(哈麻)完顔希尹胡藍の獄阿里海牙右丞相左相府

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android