左丞相(読み)さしょうじょう

精選版 日本国語大辞典「左丞相」の解説

さ‐しょうじょう ‥ショウジャウ【左丞相】

〘名〙 (「さじょうしょう」とも) 左大臣(さだいじん)の唐名。
※続日本後紀‐承和一〇年(843)正月庚戌「勅。左丞相藤原公。先朝之元勲而朕之旧徳也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の左丞相の言及

【丞相】より

…丞相(〈じょうしょう〉とも読む)はその一つで,秦・漢に始まり,六朝を通じて,おおむね丞相が宰相の名であった。もし2人なる時は,左丞相が上で右丞相を下とする。唐になって三省の長官,中書令,門下侍中,尚書左右僕射を宰相とし,丞相を置かない。…

※「左丞相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android