唐名(読み)カラナ

  • とうみょう タウミャウ
  • とうみょう〔タウミヤウ〕
  • とうめい タウ‥
  • とうめい〔タウ〕

デジタル大辞泉の解説

中国風の名称。また、中国での名称。→大和名(やまとな)
律令制の官職のを中国風によんだ呼び方。例えば、太政大臣(だいじょうだいじん)を相国(しょうこく)、大納言亜槐(あかい)・亜相(あしょう)という類。とうみょう。とうめい。
別称。異名。あだな。
盗人の―を舎弟と申す」〈狂言記外・兄弟争〉
からな(唐名)2」に同じ。
からな(唐名)2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 中国での名称。また、中国風の名称。⇔大和名(やまとな)
※源平盛衰記(14C前)一「毛しゅうとは鼠の唐名(カラナ)也」
② 日本の官職を、中国の官称にあてていったもの。太政大臣を相国(しょうこく)、大納言を亜相(あしょう)、中納言を黄門(こうもん)という類。とうみょう。とうめい。
③ 別名。異名。また、珍しい名。変わった名。
※浄瑠璃・十二段(1698頃)一「よこぐるまとはな、いかずといふて、をのれがやうな女のからなよ」
〘名〙 官名を唐制でいうときのいい方。たとえば、大納言を亜槐(あかい)・亜相(あしょう)と呼ぶなど。からな。とうめい。
※職原鈔(1340)上「黄門は中納言の唐名」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android