唐名(読み)カラナ

デジタル大辞泉の解説

から‐な【唐名】

中国風の名称。また、中国での名称。→大和名(やまとな)
律令制の官職の名を中国風によんだ呼び方。例えば、太政大臣(だいじょうだいじん)を相国(しょうこく)、大納言を亜槐(あかい)・亜相(あしょう)という類。とうみょう。とうめい。
別称。異名。あだな。
「盗人の―を舎弟と申す」〈狂言記外・兄弟争〉

とう‐みょう〔タウミヤウ〕【唐名】

からな(唐名)2」に同じ。

とう‐めい〔タウ‐〕【唐名】

からな(唐名)2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からな【唐名】

中国での名称。
日本の官職を唐制の呼び名に当てたもの。太政大臣を相国しようこく、中納言を黄門と称するなど。とうめい。
あだ名。別名。 「横車とはな…おのれがやうな女の-よ/浄瑠璃・十二段長生島台」

とうみょう【唐名】

とうめい【唐名】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android