コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左国城(読み)さこくじょう(英語表記)Zuo-guo-cheng; Tso-kuo-ch`ên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

左国城
さこくじょう
Zuo-guo-cheng; Tso-kuo-ch`ên

中国,山西省離石県北東の地名。後漢時代以降,南匈奴左部の根拠地であったが,4世紀の初め,劉淵が匈奴諸部族から推されると,この地で大単于の位につき,次いで永興1 (304) 年には前趙の都と定められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android