コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉淵 りゅうえんLiu Yuan; Liu Yüan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉淵
りゅうえん
Liu Yuan; Liu Yüan

[生]?
[没]光興1(310)
中国,五胡十六国 (→前趙 ) の第1代皇帝 (在位 304~310) 。字は元海は光文帝。廟号高祖。南匈奴単于の正系の子孫。西晋の成都王頴 (えい) に用いられたが,やがて山西に帰って大単于と称し,元煕1 (304) 年には左国城で漢の国を建て王となった。次第に勢力を増し永鳳1 (308) 年には皇帝と称し,河瑞1 (309) 年には平陽 (山西省臨汾) に都を定めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐えん〔リウ‐〕【劉淵】

[?~310]中国、五胡十六国の漢(前趙)の創始者。在位304~310。字(あざな)は元海。諡(おくりな)は光文皇帝。廟号(びょうごう)は高祖。匈奴(きょうど)の出身で、西晋末の内乱に乗じて漢王を称し、308年帝位につき、平陽に遷都

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうえん【劉淵 Liú Yuān】

?‐310
中国,漢(前)の初代皇帝。在位304‐310年。字は元海。匈奴南単于(ぜんう)の家に生まれ,匈奴貴族の子弟として幼時から儒学を学び,魏末に人質として洛陽に送られた。西晋朝には匈奴五部全体の責任者となり,その包容力ある人柄は部人の強い信頼を受けた。西晋が乱れると,劉氏一族は後漢以来漢人王朝の隷属下にある匈奴族の独立をはかり,劉淵を大単于に推立した。劉淵ははじめ漢王を称し(304),胡族の皇帝は例がないとする当時の通念に抗して,308年(永鳳1)帝位についたが,洛陽攻略を果たさず病没した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉淵
りゅうえん
(?―310)

中国、五胡(ごこ)十六国時代、漢(後の前趙(ぜんちょう))の初代の君主(在位304~310)。1世紀中ごろ後漢(ごかん)に降(くだ)った匈奴(きょうど)族南単于(ぜんう)の嫡系の子孫で、幼少の時期、人質として魏(ぎ)・西晋(せいしん)の都洛陽(らくよう)で過ごした経験をもち、武芸、学術ともに優れていたという。その後、父の死に伴って郷里に戻り、左部帥(さぶすい)の地位を継ぎ、さらに五部大都督(だいととく)として全南匈奴を統率した。八王の乱が勃発(ぼっぱつ)すると、その1人成都王司馬穎(しばえい)の指揮下に入って転戦したが、のちに離石(山西省離石県)に帰って大単于の位につき、漢王を自称した(304)。さらに皇帝位に上り(308)、蒲子(ほし)(山西省隰(しつ)県付近)から平陽(山西省臨汾(りんふん)市)に遷都して洛陽をうかがったが、果たさずして没した。[關尾史郎]
『谷川道雄著『隋唐帝国形成史論』(1971・筑摩書房) ▽内田吟風著『北アジア史研究 匈奴篇』(1975・同朋舎出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の劉淵の言及

【趙】より

…前趙ともいう。南匈奴の劉淵が304年(元熙1)西晋八王の乱に乗じて建国したもので,平陽(山西省臨汾県)を首都とした。はじめ漢と称したが,劉曜のとき趙と改めた。…

※「劉淵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

劉淵の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)古今韻会挙要永嘉の乱平水韻音韻学百六韻石勒劉曜劉聡

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android