コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左左立て サッサダテ

1件 の用語解説(左左立ての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さっさ‐だて【左左立て】

数当て遊戯の一。例えば、配り手の甲が、1回につき乙に1個、あるいは丙に2個与えるという約束のもとに、あらかじめ決めておいた総数を乙丙両方に分け、丁がその分ける回数だけを聞いて、乙・丙に分けられた個数を当てる遊び。分けるたびに「さあさあ」と声を掛けることからの名。盤上の碁石で行うことが多い。ささだて。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

左左立ての関連キーワード石弾き鼬ごっこ手の甲何個六指裏突き合わせ突き縦突き陰拳反拳