コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碁石 ゴイシ

デジタル大辞泉の解説

ご‐いし【碁石】

碁を打つのに使う、平たく丸い小石。白黒の2種があり、白が180個、黒が181個で一組。上等のものは、黒は那智黒(なちぐろ)、白はチョウセンハマグリやシャコガイの殻で作る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

碁石【ごいし】

に用いる石。黒石181個,白石180個。直径22mm,厚さは10.4mmまで。見かけが同じになるように黒石は白石よりやや大きく作る。黒石は那智黒,白石は桑名・日向(ひゅうが)・千葉産のハマグリ製が有名で,プラスチック製のものもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ごいし【碁石】

囲碁に用いる、黒白2種の小さな石。中央部がやや盛りあがった円形のもので、直径約2.2センチメートルを標準とする。黒は一八一個、白は一八〇個が正式対局における数。上等な石は黒は那智黒で、白はチョウセンハマグリの殻で作る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の碁石の言及

【貝】より

…囲碁の黒石は那智黒でつくられ,入手は容易である。しかし白石はチョウセンハマグリの殻でつくられ,しかも180個の同じ厚さのものをつくるのは容易でなく,白石で碁石の値段が決まるといわれるほどである。宮崎県日向市小倉浜は大きい殻を産するので有名であったが,分厚い殻がしだいに少なくなった。…

【碁】より

…碁石と碁盤を使う室内遊戯。古くは乱碁,弾碁,格碁などを含めたさまざまな遊戯の総称だったが,格碁が連珠に発展した以外はほとんど消滅したので,現在では囲碁と同義である。…

※「碁石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

碁石の関連キーワード高知県長岡郡大豊町川口岩手県大船渡市末崎町宮崎県日向市平岩日向はまぐり碁石棊子麺/碁子麺棋石・碁石膿吸い石五目並べ碁石海岸継子立て那智黒石黍団子碁会所碁石豆大船渡朝鮮蛤棊子麺碁石金薬師算棋布

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

碁石の関連情報