左平次(読み)サヘイジ

デジタル大辞泉の解説

さへいじ【左平次】

《もと人形浄瑠璃社会の隠語。「佐平治」「佐平二」とも書く》
口。また、口をきくこと。転じて、差し出口をすること。追従を言うこと。
「―を専らとし、欲深きこと甚だし」〈洒・六丁一里〉
余計な世話を焼くこと。でしゃばること。おせっかい。
「一つの助けにもならんかと、思ふもいらざる―にて」〈風来六部集・放屁論後編〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android