左平次(読み)サヘイジ

デジタル大辞泉の解説

さへいじ【左平次】

《もと人形浄瑠璃社会の隠語。「佐平治」「佐平二」とも書く》
口。また、口をきくこと。転じて、差し出口をすること。追従を言うこと。
「―を専らとし、欲深きこと甚だし」〈洒・六丁一里〉
余計な世話を焼くこと。でしゃばること。おせっかい。
「一つの助けにもならんかと、思ふもいらざる―にて」〈風来六部集・放屁論後編〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android