コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追従 ツイジュウ

デジタル大辞泉の解説

つい‐じゅう【追従】

[名](スル)あとにつき従うこと。また、人の意見に従うこと。追随。「権力に追従する」→ついしょう(追従)

つい‐しょう【追従】

[名](スル)
他人の気に入るような言動をすること。こびへつらうこと。また、その言動。「お追従を言う」「顧客に追従する」
ついじゅう(追従)」に同じ。
「雛遊(ひひなあそ)びの―をもねんごろにまつはれ歩きて」〈・少女〉

つい‐そう【追従】

《「そう」は「しょう」の直音表記》「ついじゅう(追従)」に同じ。
「それかれこそ―する者はあなれ」〈栄花・花山尋ぬる中納言〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ついじゅう【追従】

( 名 ) スル
人につき従うこと。人の言うとおりに行動すること。 「権力者に-する」 → ついしょう(追従)

ついしょう【追従】

( 名 ) スル
人にこびへつらうこと。おべっかを使うこと。また、その言葉。 「お-を言う」 「人に-する」
ついじゅう(追従)」に同じ。 「御気色賜はりつつ-しつかうまつる/源氏 蓬生

ついそう【追従】

( 名 ) スル
〔「そう」は「しょう」の直音表記〕
ついしょう(追従)」に同じ。 「数ならずともおぼしうとまでのたまはせよ、など-し寄りて/源氏 関屋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

追従の関連キーワードインテリジェントクルーズコントロールアイトラッキングシステムP (モードダイヤル)レモンストラント派シート防水(工事)リトル ウォルターフィードバック制御刷り込み・刷込みおべんちゃら傍熱型陰極桂庵・慶庵イエスマンチルドレン鼻まじろきちょちょら軽薄らしい操舵装置へらへらアフェル藤原実資

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

追従の関連情報