巨勢徳太古(読み)こせのとくだこ

精選版 日本国語大辞典の解説

こせ‐の‐とくだこ【巨勢徳太古】

大和後期の左大臣。巨勢徳陀古・徳太とも書く。皇極天皇の時、蘇我入鹿(いるか)に従って山背大兄王(やましろのおおえのおう)を攻める。のち孝徳、斉明両天皇に仕えた。斉明天皇四年(六五八)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる