コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇極天皇 コウギョクテンノウ

8件 の用語解説(皇極天皇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうぎょく‐てんのう〔クワウギヨクテンワウ〕【皇極天皇】

[594~661]第35代天皇。女帝。在位642~645。敏達天皇の孫の茅渟王(ちぬのおおきみ)の王女で、舒明天皇の皇后。天智天武両天皇の母。舒明天皇の死後、即位。皇居は小墾田宮(おはりだのみや)。のち、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)に移した。大化元年(645)弟の孝徳天皇に譲位し、その没後、重祚(ちょうそ)して斉明天皇となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

皇極天皇【こうぎょくてんのう】

飛鳥時代の天皇。父は舒明(じょめい)天皇の弟の茅渟(ちぬ)王で,舒明天皇の皇后,天智・天武両天皇の母。642年即位し,645年孝徳天皇に譲位。655年重祚(ちょうそ)し斉明天皇(655年−661年)という。
→関連項目茨田屯倉依網池・依網屯倉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇極天皇 こうぎょくてんのう

594-661 飛鳥(あすか)時代,第35代天皇。在位642-645。
推古天皇2年生まれ。茅渟(ちぬ)王の王女。母は吉備姫王(きびつひめのおおきみ)舒明天皇の皇后で,舒明の死後,即位。蘇我蝦夷(そがの-えみし)入鹿(いるか)父子が強権力をふるう。中大兄(なかのおおえの)皇子中臣鎌子(藤原鎌足(かまたり))らが645年その父子をほろぼした。天皇は弟の軽(かるの)皇子(孝徳天皇)に譲位し,中大兄を皇太子とした。655年斉明(さいめい)天皇として重祚(ちょうそ)。斉明天皇7年7月24日死去。68歳。別名は宝皇女,天豊財重日足姫天皇(あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと),飛鳥天皇,後岡本天皇。⇒斉明天皇
【格言など】今城(いまき)なる小丘(をむれ)が上に雲だにも著(しる)くし立たば何か歎かむ(「日本書紀」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

皇極天皇

没年:斉明7.7.24(661.8.24)
生年:推古2?(594)
飛鳥時代の女帝。茅渟王と吉備姫王の皇女。名は宝皇女。高向王との間に漢皇子,舒明皇后となって天智,間人皇女(孝徳皇后),天武を生む。「中皇命」,「中宮天皇」にあてる説もある。舒明の死の翌年(642)即位。雨ごいの成功に,巫女王の伝統をうかがう見方もある。大化1(645)年,中大兄皇子(天智)らによるいわゆる大化改新を機に譲位。皇祖母尊と称される。弟孝徳の死で重祚して斉明天皇となった。百済救援の西征軍を率いて筑紫(九州)に向かい,そこで没した。途中,熟田津での「潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」の力強い歌は天皇の作ともいう。土木工事を好み「狂心の渠」と批判される専制君主であり,唖者の孫の幼い死を「美しき吾が若き子を置きてか行かむ」と嘆き悲しむ祖母でもあった。

(義江明子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうぎょくてんのう【皇極天皇】

594?‐661(推古2?‐斉明7)
後に重祚して斉明天皇。第35代,第37代に数えられる天皇。在位642‐645年および655‐661年。本名は宝皇女。父は舒明天皇の弟の茅渟(ちぬ)王で,母は欽明天皇の孫の吉備姫王。初め高向王に嫁して漢(あや)皇子を生み,のち舒明天皇の皇后となって中大兄皇子(天智天皇),間人(はしひと)皇女(孝徳天皇皇后),大海人(おおあま)皇子(天武天皇)を生んだ。641年(舒明13)に舒明天皇が死ぬと翌年正月に即位し,その翌年に飛鳥板蓋宮(いたぶきのみや)を営んで移り,大臣蘇我蝦夷がやがて子の入鹿に執政の権をゆだねると,入鹿を大いに親任したが,645年6月に大化改新のクーデタ行われると,天皇は皇位を弟の孝徳天皇に譲って皇祖母尊(すめみおやのみこと)と呼ばれることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうぎょくてんのう【皇極天皇】

594~661) 日本書紀で第三五代天皇(在位642~645)の漢風諡号しごう。名は宝皇女。和風諡号は天豊財重日足姫あめとよたからいかしひたらしひめ。茅渟王ちぬのおおきみの王女。舒明じよめい天皇の皇后。天智・天武両天皇の母。皇居は飛鳥板蓋宮あすかいたぶきのみや。645年孝徳天皇に譲位し、その死後、重祚ちようそして斉明天皇となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇極天皇
こうぎょくてんのう

斉明天皇」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇極天皇
こうぎょくてんのう
(594―661)

女帝。第35代天皇(在位642~645)。のち重祚(ちょうそ)して第37代斉明(さいめい)天皇(在位655~661)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇極天皇の関連キーワード飛鳥井宋世飛鳥井頼孝斉明天皇飛鳥井流飛鳥京飛鳥宮跡飛鳥の蘇大阪府羽曳野市飛鳥奈良県高市郡明日香村飛鳥飛鳥井曾衣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皇極天皇の関連情報