コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇極天皇 コウギョクテンノウ

デジタル大辞泉の解説

こうぎょく‐てんのう〔クワウギヨクテンワウ〕【皇極天皇】

[594~661]第35代天皇。女帝。在位642~645。敏達天皇の孫の茅渟王(ちぬのおおきみ)の王女で、舒明天皇の皇后。天智天武両天皇の母。舒明天皇の死後、即位。皇居は小墾田宮(おはりだのみや)。のち、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)に移した。大化元年(645)弟の孝徳天皇譲位し、その没後、重祚(ちょうそ)して斉明天皇となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

皇極天皇【こうぎょくてんのう】

飛鳥時代の天皇。父は舒明(じょめい)天皇の弟の茅渟(ちぬ)王で,舒明天皇の皇后,天智・天武両天皇の母。642年即位し,645年孝徳天皇に譲位。655年重祚(ちょうそ)し斉明天皇(655年−661年)という。大化改新クーデタ後の多難時に,阿倍比羅夫(ひらふ)を蝦夷(えみし)征伐に派遣し,661年百済(くだら)救援の軍を率いて筑紫(つくし)朝倉宮に進み,ここで没した。
→関連項目茨田屯倉依網池・依網屯倉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇極天皇 こうぎょくてんのう

594-661 飛鳥(あすか)時代,第35代天皇。在位642-645。
推古天皇2年生まれ。茅渟(ちぬ)王の王女。母は吉備姫王(きびつひめのおおきみ)舒明天皇の皇后で,舒明の死後,即位。蘇我蝦夷(そがの-えみし)入鹿(いるか)父子が強権力をふるう。中大兄(なかのおおえの)皇子と中臣鎌子(藤原鎌足(かまたり))らが645年その父子をほろぼした。天皇は弟の軽(かるの)皇子(孝徳天皇)に譲位し,中大兄を皇太子とした。655年斉明(さいめい)天皇として重祚(ちょうそ)。斉明天皇7年7月24日死去。68歳。別名は宝皇女,天豊財重日足姫天皇(あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと),飛鳥天皇,後岡本天皇。⇒斉明天皇
【格言など】今城(いまき)なる小丘(をむれ)が上に雲だにも著(しる)くし立たば何か歎かむ(「日本書紀」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

皇極天皇

没年:斉明7.7.24(661.8.24)
生年:推古2?(594)
飛鳥時代の女帝。茅渟王と吉備姫王の皇女。名は宝皇女。高向王との間に漢皇子,舒明皇后となって天智,間人皇女(孝徳皇后),天武を生む。「中皇命」,「中宮天皇」にあてる説もある。舒明の死の翌年(642)即位。雨ごいの成功に,巫女王の伝統をうかがう見方もある。大化1(645)年,中大兄皇子(天智)らによるいわゆる大化改新を機に譲位。皇祖母尊と称される。弟孝徳の死で重祚して斉明天皇となった。百済救援の西征軍を率いて筑紫(九州)に向かい,そこで没した。途中,熟田津での「潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」の力強い歌は天皇の作ともいう。土木工事を好み「狂心の渠」と批判される専制君主であり,唖者の孫の幼い死を「美しき吾が若き子を置きてか行かむ」と嘆き悲しむ祖母でもあった。

(義江明子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうぎょくてんのう【皇極天皇】

594?‐661(推古2?‐斉明7)
後に重祚して斉明天皇。第35代,第37代に数えられる天皇。在位642‐645年および655‐661年。本名は宝皇女。父は舒明天皇の弟の茅渟(ちぬ)王で,母は欽明天皇の孫の吉備姫王。初め高向王に嫁して漢(あや)皇子を生み,のち舒明天皇の皇后となって中大兄皇子(天智天皇),間人(はしひと)皇女(孝徳天皇皇后),大海人(おおあま)皇子(天武天皇)を生んだ。641年(舒明13)に舒明天皇が死ぬと翌年正月に即位し,その翌年に飛鳥板蓋宮(いたぶきのみや)を営んで移り,大臣蘇我蝦夷がやがて子の入鹿に執政の権をゆだねると,入鹿を大いに親任したが,645年6月に大化改新のクーデタが行われると,天皇は皇位を弟の孝徳天皇に譲って皇祖母尊(すめみおやのみこと)と呼ばれることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうぎょくてんのう【皇極天皇】

594~661) 日本書紀で第三五代天皇(在位642~645)の漢風諡号しごう。名は宝皇女。和風諡号は天豊財重日足姫あめとよたからいかしひたらしひめ。茅渟王ちぬのおおきみの王女。舒明じよめい天皇の皇后。天智・天武両天皇の母。皇居は飛鳥板蓋宮あすかいたぶきのみや。645年孝徳天皇に譲位し、その死後、重祚ちようそして斉明天皇となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇極天皇
こうぎょくてんのう
(594―661)

女帝。第35代天皇(在位642~645)。のち重祚(ちょうそ)して第37代斉明(さいめい)天皇(在位655~661)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皇極天皇の関連情報