コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢徳陀古 こせのとこたこ

1件 の用語解説(巨勢徳陀古の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こせのとこたこ【巨勢徳陀古】

?‐658(斉明4)
7世紀の中央豪族。徳太,徳陀,徳多,徳太古とも表記。643年(皇極2)11月蘇我入鹿の命により,将軍として山背大兄王を斑鳩(いかるが)宮に襲った。645年6月中大兄皇子が蘇我入鹿を討った乙巳(いつし)の変のときには,蘇我蝦夷を助けようとした漢直(あやのあたい)らの説得のために中大兄によって派遣され,武装解除に成功したことからすれば軍事に関係したらしい。649年(大化5)4月大紫の位に昇ると同時に,前月死去した阿倍内麻呂の後をうけ左大臣に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巨勢徳陀古の関連キーワードアルクマール豪族蘇我蘇我赤兄郡衙大伴沙奈具那智達智踰

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone