巨勢徳陀古(読み)こせのとこたこ

世界大百科事典 第2版の解説

こせのとこたこ【巨勢徳陀古】

?‐658(斉明4)
7世紀の中央豪族。徳太,徳陀,徳多,徳太古とも表記。643年(皇極2)11月蘇我入鹿の命により,将軍として山背大兄王を斑鳩(いかるが)宮に襲った。645年6月中大兄皇子が蘇我入鹿を討った乙巳(いつし)の変のときには,蘇我蝦夷を助けようとした漢直(あやのあたい)らの説得のために中大兄によって派遣され,武装解除に成功したことからすれば軍事に関係したらしい。649年(大化5)4月大紫のに昇ると同時に,前月死去した阿倍内麻呂の後をうけ左大臣に就任

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android