コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢徳陀古 こせのとこたこ

世界大百科事典 第2版の解説

こせのとこたこ【巨勢徳陀古】

?‐658(斉明4)
7世紀の中央豪族。徳太,徳陀,徳多,徳太古とも表記。643年(皇極2)11月蘇我入鹿の命により,将軍として山背大兄王を斑鳩(いかるが)宮に襲った。645年6月中大兄皇子が蘇我入鹿を討った乙巳(いつし)の変のときには,蘇我蝦夷を助けようとした漢直(あやのあたい)らの説得のために中大兄によって派遣され,武装解除に成功したことからすれば軍事に関係したらしい。649年(大化5)4月大紫の位に昇ると同時に,前月死去した阿倍内麻呂の後をうけ左大臣に就任。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

巨勢徳陀古の関連キーワード巨勢邑治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android