差し合ひ繰る(読み)サシアイクル

デジタル大辞泉の解説

さしあい‐く・る〔さしあひ‐〕【差し合ひ繰る】

[動ラ四]《連俳用語の差し合いを繰る意から》辺りへのさしさわりを考えて遠慮する。
「げにも旅の気散じは、―・らず高声(かうしゃう)に話しものして」〈滑・膝栗毛・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android