コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高声 コウショウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しょう〔カウシヤウ〕【高声】

《「こうじょう」とも》高い声。大声。こわだか。
「―に十念唱へつつ、頸(くび)をのべてぞ切らせられける」〈平家・一一〉

こう‐せい〔カウ‐〕【高声】

[名・形動]高く大きな声。こうしょう。
「眼を開いて歩けと―に罵(ののし)られ」〈露伴・いさなとり

たか‐ごえ〔‐ごゑ〕【高声】

張り上げた声。大声。「高声を出す」「高声でわめき立てる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしょう【高声】

〔「こうじょう」とも〕
大きい声。高い声。 「 -に加持したてまつる/宇治拾遺 15

こうせい【高声】

高く大きな声。大声。こうしょう。 「 -に語るもの、笑ふもの/門 漱石

たかごえ【高声】

高く大きな声。こわだか。 「まきじたの-にて/安愚楽鍋 魯文

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高声の関連情報