差裏(読み)サシウラ

精選版 日本国語大辞典の解説

さし‐うら【差裏】

〘名〙 刀の鞘(さや)の、腰に差した時、体に接する面。⇔差表(さしおもて)
※酌并記(1532‐70頃)「人の刀を見る事〈略〉扨さし裏むねなど、能々見べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

差裏の関連情報