コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差鴨居 サシガモイ

デジタル大辞泉の解説

さし‐がもい〔‐がもゐ〕【差×鴨居】

《「さしかもい」とも》に枘差(ほぞさ)しにした背の高い鴨居

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さしかもい【差鴨居】

〔「さしがもい」とも〕
普通よりも背の高い鴨居。柱に枘差ほぞさしにする。柱間の広い部分に、梁はりのように構造体として用いられるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の差鴨居の言及

【鴨居】より

…細木を打ち付けて溝を造るものもあり,これを付溝(つけみぞ)といい,細木を付樋端(つけひばた)という。丈が幅より大きく(20~60cmほど),束(つか)を立てて上方の荷重を受けたりするものを差鴨居(さしがもい)または差物という。これは柱を省略して開口部を広く取るためと,柱間を固めるための構造材でもあり,近世の民家や寺院の庫裏(くり)などに多用され,時代が下るほど丈が高くなる傾向がみられる。…

※「差鴨居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

差鴨居の関連キーワード構造体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android