コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱間 ハシラマ

デジタル大辞泉の解説

はしら‐ま【柱間】

柱と柱との間隔。また、その空間

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の柱間の言及

【社寺建築構造】より

…平面の形は,直線形の木材を骨組みに使うため,大部分が正方形,長方形であり,六角形,八角形のものはわずかで,円形平面は多宝塔上層に見られるにすぎない。 柱間(はしらま)すなわち柱の間隔は,梁に利用できる木材の長さと太さに限界があるため,あまり大きなものはなく,6m以内が普通で,それを超えるものはまれである。建物全体の大きさも材料に制約されて,なかには東大寺大仏殿のような大きなものもあるが,西洋の建築に比べると一般的に小さい。…

※「柱間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柱間の関連キーワードサン・トゥルバン聖堂[トロア]間の間・相の間ベイウインドー鎌倉大仏殿跡トスカーナ式階隠しの間三十三間堂地覆・地輻間面記法賢聖障子末松廃寺蓮華王院差鴨居大法寺木割り間の間関西間田舎間金剛柵阿麻組

柱間の関連情報