コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河荘 いちかわのしょう

1件 の用語解説(市河荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

市河荘【いちかわのしょう】

甲斐国巨麻(こま)郡を中心に一部山梨郡・八代(やつしろ)郡に及んだ山城法勝院領荘園。現在の山梨県甲府盆地一帯に比定される。969年の田数約14町。甲府盆地の条里のうち巨麻郡9条4里の里名が〈市河里〉で,このあたりが荘の中心部であったとみられるが,1137年この地に鎌田荘が成立したため,市河荘の南辺であった現西八代郡市川大門町(現・市川三郷町)付近に荘域が限定されることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

市河荘の関連キーワード飯田正隆甲斐駒ヶ岳秩父多摩甲斐国立公園甲斐犬武田暗部山駒井信盛武田信満村松善政八代駒雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone