コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲府盆地 こうふぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲府盆地
こうふぼんち

山梨県中部にある盆地フォッサ・マグナ (大地溝帯) のなかにあり,西を赤石山脈北東秩父山地,南は御坂山地に囲まれる。北東から笛吹川,北西から釜無川が流入し,富士川となって南西から流出。縁辺部は多数の支流が形成した扇状地が複合し,盆地底では基盤の火山岩層が河川の堆積物で厚く覆われる。気温の年較差が大きく,年降水量は約 1100mmで晴天が多く,典型的な内陸性気候。この気候をいかして,扇状地では果樹栽培が盛ん。東部は甲州市を中心にブドウ笛吹市を中心にモモを栽培。西部では御勅使川の扇状地を中心に養蚕から果樹栽培に転換が進んでいる。盆地底は豊かな水田地帯で,野菜栽培も行なわれる。甲府市甲州市,山梨市,韮崎市などが立地する。中央部に石和温泉,甲府市に積翠寺温泉湯村温泉御岳昇仙峡があり,各地に観光ブドウ園が設けられ,中央自動車道の開通に伴い観光客が増えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうふ‐ぼんち〔カフフ‐〕【甲府盆地】

山梨県中央部、甲府市を中心とする盆地。ブドウ・桃の産地

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

甲府盆地【こうふぼんち】

山梨県中央部の内陸盆地。西と南は直線状の断層崖で限られた断層盆地で,盆地内には御勅使(みだい)川扇状地をはじめ多くの扇状地が複合している。釜無川笛吹川が盆地内の二大河川。
→関連項目市川大門[町]一宮[町]塩山[市]春日居[町]勝沼[町]雁坂峠甲西[町]笹子峠昭和[町]白根[町]田富[町]玉穂[町]富士川[町]富士川双葉[町]増穂[町]御坂山地八代[町]山梨[県]山梨[市]竜王[町]若草[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうふぼんち【甲府盆地】

山梨県中央部を占める構造盆地。盆地床は中央部で東西約25km,南北約15km。河川の堆積物で厚くおおわれ,標高は250~400mである。本州中央部を横断する構造線,フォッサマグナの西縁の断層による落込みで形成されたもので,北の松本盆地諏訪盆地に連なる地溝帯の一画を占める。北側の秩父山地側の断層線は火山におおわれて不明だが,東の御坂(みさか)山地,西の赤石山脈前衛の巨摩(こま)山地とは明瞭な断層線によって画されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうふぼんち【甲府盆地】

山梨県中央部にある盆地。ブドウ・モモの特産地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕甲府盆地(こうふぼんち)


山梨県中央部を占める構造盆地。北東は関東(かんとう)山地、南東は御坂(みさか)山地、西は赤石(あかいし)山脈の前山をなす櫛形(くしがた)山地に囲まれる。標高約250~550m。古称は国中(くんなか)とも。北東から笛吹(ふえふき)川、北西から釜無(かまなし)川が流入し、南西端で合流して富士(ふじ)川となる。盆地周辺には各河川による複合扇状地が発達。内陸性気候で晴天日数が多く、ブドウ・モモほかの果樹栽培やワイン醸造業が盛ん。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲府盆地
こうふぼんち

山梨県中央部に位置する構造盆地。盆地底の標高は250~約400メートル。中央部で東西約25キロメートル、南北約15キロメートル。本州中央高地を南北に切る糸魚川(いといがわ)‐静岡構造線上の盆地で、長野盆地、松本盆地、諏訪(すわ)盆地に続くもの。北側の秩父(ちちぶ)山地の前衛山地との間の断層は不明であるが、東の関東山地、南の御坂(みさか)山地、西の赤石(あかいし)山脈前衛の巨摩(こま)山地とは断層により限られる。これら山地の山麓(さんろく)部には扇状地あるいは複合扇状地が発達し、御勅使(みだい)川扇状地、金川(かねがわ)扇状地は模式的なものとして知られる。盆地内を流下する主要河川は西部では釜無(かまなし)川、東部では笛吹(ふえふき)川で、これらは盆地南西部で合流し鰍沢(かじかざわ)で富士川となり流出する。この合流点付近は沖積原となっている。甲府盆地の農業的土地利用は時代による変動が著しいが、最近では峡東(きょうとう)(盆地東部)と峡西(盆地西部)を中心とする果樹栽培(モモ、ブドウなど)が、かつての水田地帯である盆地底部、桑園地帯である盆地北東部、盆地南部あるいは盆地北西部の火山山麓斜面にまで拡大しつつある。これは、内陸性気候で年降水量が全国平均の70%前後で、かつ冬寒く夏高温であることにより、狭い農地からいかに高収入を得るかの努力の結果である。中心都市は甲府市。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の甲府盆地の言及

【山梨[県]】より

…南には日本一の高峰富士山(3776m),北には開析された火山八ヶ岳(2899m)が広いすそ野を広げ,西には日本第2の高峰北岳(3192m)をもつ赤石山脈(南アルプス)が連なり,東部の桂川流域の郡内地方も御坂(みさか),丹沢の山なみにその面積の大半を占められている。県中央に位置する甲府盆地には,北東から笛吹(ふえふき)川,北西から釜無(かまなし)川が流入し,南西部で合流して富士川となり,駿河湾に注いでいる。甲府盆地は県内唯一のまとまった平地で,古代以来甲斐の中心的な地位を占めてきたため,周辺地域を含めて国中(くになか)と呼ばれてきた。…

※「甲府盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甲府盆地の関連キーワード春日居[町]春日居〈町〉鰍沢[町]双葉[町]竜王〈町〉合流扇状地御坂〈町〉敷島〈町〉中道〈町〉櫛形〈町〉三珠〈町〉笛吹[市]白根[町]甲西[町]吉岡 順作昭和[町]中央[市]甲西〈町〉増穂[町]勝沼[町]

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲府盆地の関連情報