八代(読み)やつしろ

精選版 日本国語大辞典「八代」の解説

やつしろ【八代】

[一] 熊本県中南部の地名。八海に面する。中世城下町として起こり、明治中期以後セメント製紙・人絹などの工業の発達する工業都市となる。昭和一五年(一九四〇市制
[二] 明治四年(一八七一)七月に設置された人吉県を同年一一月に廃して置かれた県。天草郡をも含めて管轄した。同六年白川県(のち熊本県と改称)に合併。
[三] 山梨県の中南部にあった郡。古代、甲斐国の国府が置かれた。明治一一年(一八七八)東八代・西八代の二郡に分かれた。

はち‐だい【八代】

[1] 〘名〙 八つの代。
※詩序集(1133頃)月明妓女家詩序〈菅原在業〉「夜学多年、雖窓雪於三余之陰、朝奨何日、猶期家風於八代之後」 〔史記‐三皇本紀〕
[2] 中国で、後・晉・の八つの時世をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「八代」の解説

八代
やつしろ

山梨県中部,笛吹市中西部の旧町域。甲府盆地の南東部,御坂山地から北流して笛吹川に注ぐ浅川流域に位置する。 1956年八代村と御所村が合体して町制施行。 1958年花鳥村の一部を編入。 2004年石和町,御坂町,一宮町,境川村,春日居町と合体して笛吹市となった。地名は平安期の郷名にちなむ。笛吹川沿いの低地では米作,浅川の扇状地では養蚕が主産業であったが,近年ではブドウモモなどの果樹栽培が中心となり,畜産なども行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「八代」の解説

やつしろ【八代】

熊本県中央部の市。球磨川くまがわ河口に位置し、八代海に臨む。もと細川氏の家老松井氏の城下町。セメント・製紙工業や農業が行われる。平成17年(2005)8月、坂本村・千丁せんちょう町・鏡町・東陽村・泉村と合併。人口13.2万(2010)。

はち‐だい【八代】

八つの王朝・時代。

中国の八つの王朝をいう。
の称。「八代詩選」
の称。「八代史」
後漢の称。
中国の伝説上の三皇さんこう五帝ごてい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「八代」の解説

八代 (ヤツシロ)

学名Citrus yatsushiro
植物。ミカン科の常緑低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android