コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布狩衣 ぬのかりぎぬ

大辞林 第三版の解説

ぬのかりぎぬ【布狩衣】

布で作った狩衣。もとは許しを得た人が暑中に着用したが、鎌倉時代になると身分を問わず夏に着用。下着には単ひとえを着、帷子かたびらは着ない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

布狩衣の関連キーワード荒染・退紅・桃花染鎌倉時代荒染暑中狩衣

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android