コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布肩衣 ヌノカタギヌ

デジタル大辞泉の解説

ぬの‐かたぎぬ【布肩衣】

植物繊維で織った布で作った肩衣
「綿もなき―の」〈・八九二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬのかたぎぬ【布肩衣】

麻・苧からむしなどの繊維で織った布で作った粗末な肩衣。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の布肩衣の言及

【手無】より

…最も原始的な日本の衣服形態で,古くは布肩衣(ぬのかたぎぬ)ともいう。古代においては,豊富な布で手先をおおう袖は,当時の貴族階級の象徴でもあり,これに対して,最低限の用布量と労働に適した手無の形は,身分の低い者の衣服であった。…

※「布肩衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

布肩衣の関連キーワード有りの悉・有りの尽着襲ふわわく手無袖無綿

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android