希代未聞(読み)キタイミモン

デジタル大辞泉の解説

きたい‐みもん【希代未聞】

世にも珍しく、今まで聞いたことのないこと。「希代未聞の事件」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたいみもん【希代未聞】

名 ・形動 [文] ナリ 
いつの世にも聞いたことのないこと。非常に珍しいこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きたい‐みもん【希代未聞】

〘名〙 (形動) いつのにも聞いたことがないこと。きわめて珍しいこと。また、そのさま。
※吾妻鏡‐寿永三年(1184)正月二三日「是希代未聞奇瑞也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android