吾妻鏡(読み)あづまかがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吾妻鏡
あづまかがみ

『東鑑』とも書く。鎌倉幕府の前半を扱った歴史書。全体の巻数は不明。 51巻もの,47巻ものなどがある。治承4 (1180) 年の以仁 (もちひと) 王の平家追討の挙兵に始り,文永3 (1266) 年将軍宗尊親王の上洛までの事績を日記体に編修したもの。 13世紀末か 14世紀初めの成立と思われる。編修は幕府当局の公的な機関で行われたと思われるが,はっきりしない。寿永2 (1183) ,建久7 (96) ,同8,同9,仁治3 (1242) ,建長1 (49) ,同7,正元1 (59) ,弘長2 (62) ,文永1 (64) 年の記事が欠落。ほかにも欠け,伝わっていない月々も多い。これらの欠落が,転写中に失われたのか,もともと編修されなかったのかは不明。記事は各将軍 (源頼朝,頼家,実朝,藤原頼経,頼嗣,宗尊親王の6代) に分けられ,各将軍1代の前に,当時の天皇や上皇,摂政,関白の略歴を載せ,月日を追って将軍在任中の治績を記録している。幕府当局に保管されていた史料や,武士から提出された史料のほか,京都の貴族の日記などを利用しているが,対象は幕府とその配下の武士の事柄に限定され,京都の貴族の間に起った事件や,幕府に属さない武士相互の抗争などはほとんど扱っていない。したがって,幕府の歴史を作ることに主眼がおかれたものといえる。これは一部の人にしか読まれなかったが,徳川家康が愛読し治世の資にして以来広まり,江戸時代には,各大名はきそってこれを披見したといわれる。『国史大系』に収録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あずまかがみ〔あづまかがみ〕【吾妻鏡/東鑑】

鎌倉時代の歴史書。鎌倉幕府の家臣の編纂(へんさん)。52巻(巻45欠)。治承4年(1180)源頼政の挙兵から、文永3年(1266)までの87年間を変体漢文の日記体で記す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

吾妻鏡【あづまかがみ】

東鑑とも書く。鎌倉幕府の事跡を記した史書。巻数未詳。後世52巻と誤伝。1180年源頼政挙兵から1266年6代将軍宗尊(むねたか)親王帰京までを和風変体漢文により編年に記す。前半は13世紀後期,後半は14世紀初めごろ幕府の家臣が編集したものとみられる。中世武家政治研究の重要史料。
→関連項目池田宿江尻烏帽子親奥州総奉行萱津関西黄瀬川宿黒田宿帝王編年記手越宿引間広瀬川伏見版変体漢文

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あづまかがみ【吾妻鏡】

東鑑とも書く。鎌倉幕府が編纂した幕府の歴史書。巻数未詳。後世52巻と訛伝編年体で,各将軍ごとにまとめられる。13世紀末~14世紀初頭の編纂。ただし完成したかどうか不明。1180年(治承4)以仁王・源頼政の挙兵に起筆し,1266年(文永3)6代将軍宗尊親王送還までを扱う。日記体をとるが,種々の史料を収集して,後に編纂した書物である。その編纂の仕方は,収集した史料を年月日順に貼り継ぎ,これに編纂者が筆を加えるという,伝統的な編修方法によっているため(これを抄録,切貼り細工と呼ぶ),同時代のいろいろな文体が収録される結果となり,このため鎌倉時代前後の和風変体漢文を指して,吾妻鏡体と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の吾妻鏡の言及

【関東往還記】より

…金沢文庫に伝わった古写本(尊経閣文庫現蔵,《史籍雑纂》所収)は,首尾を欠いていたが,その後金沢文庫から欠如している部分が発見され,関靖編によって《校訂増補関東往還記》として刊行された(1934)。この日記は《吾妻鏡》の欠如部分を補う貴重な史料である。【山田 洋子】。…

※「吾妻鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吾妻鏡の関連情報