希死念慮(読み)キシネンリョ

デジタル大辞泉「希死念慮」の解説

きし‐ねんりょ【希死念慮】

死にたいと願うこと。
[補説]自殺願望同義ともされるが、疾病や人間関係などの解決しがたい問題から逃れるためにを選択しようとする状態を「自殺願望」、具体的な理由はないが漠然と死を願う状態を「希死念慮」と使い分けることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android