コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希硫酸/稀硫酸 キリュウサン

デジタル大辞泉の解説

き‐りゅうさん〔‐リウサン〕【希硫酸/×稀硫酸】

低濃度の硫酸水溶液

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の希硫酸/稀硫酸の言及

【硫酸】より

…水とは任意の割合で混合する。水和熱が大きいので(-⊿H=8.8kcal/mol)濃硫酸を水に溶解して希硫酸とする場合は硫酸はごく少量ずつよくかくはん(攪拌)しながら加えていかないと,水溶液が部分的に過熱状態となって突沸するので危険である。水溶液の比重を表1に示す。…

※「希硫酸/稀硫酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

希硫酸/稀硫酸の関連キーワードキップのガス発生器ビスコースレーヨンエチレンオキシドアセトアルデヒドアントラキノンシアン化水素酸ピナコリン転位硫酸カルシウム過酸化バリウムテルピネオールフェッセンデンホスフィン酸フルフラール過安息香酸硫酸チタンボルタ電池アンチモン発生期状態ピナコール亜塩素酸

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android