コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水溶液 スイヨウエキ

3件 の用語解説(水溶液の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいよう‐えき【水溶液】

ある物質を水に溶かしたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水溶液
すいようえき
aqueous solution

水を溶媒とする溶液の総称。溶液は溶質の溶解度によって上限が示されるが、溶質が1種類のとき純溶液、複数のとき混合溶液という。水溶液は日常生活でしばしばみられるが、化学では溶質が単純な化合物の場合に水溶液といい、血液やせっけん水などは水溶液とはいわない。
 水は極性物質であるので、溶質が極性物質であるとき水溶液を形成する。溶質が無機塩であるとき、その水溶液は電導性を示す(たとえば食塩水)。ヒドロキシ基をもつ有機物質は水に溶ける(たとえばエタノール、砂糖)が電導性は低い。前者は、水中でイオンに解離するため電導性が現れるのに対し、後者は水素結合による分子の解離であるためである。水溶液の中の溶質の量を溶解度で表す。溶解度は温度により、溶解の限度は溶解度積によって定まる。水溶液の沸点は純水に比して高く(沸点上昇)、融点は低い(凝固点降下)。これらを利用して溶質の分子量を求めることができる。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水溶液の関連情報