水溶液(読み)スイヨウエキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水溶液
すいようえき
aqueous solution

水を溶媒とする溶液の総称。溶液は溶質溶解度によって上限が示されるが、溶質が1種類のとき純溶液、複数のとき混合溶液という。水溶液は日常生活でしばしばみられるが、化学では溶質が単純な化合物の場合に水溶液といい、血液やせっけん水などは水溶液とはいわない。
 水は極性物質であるので、溶質が極性物質であるとき水溶液を形成する。溶質が無機塩であるとき、その水溶液は電導性を示す(たとえば食塩水)。ヒドロキシ基をもつ有機物質は水に溶ける(たとえばエタノール、砂糖)が電導性は低い。前者は、水中でイオンに解離するため電導性が現れるのに対し、後者は水素結合による分子の解離であるためである。水溶液の中の溶質の量を溶解度で表す。溶解度は温度により、溶解の限度は溶解度積によって定まる。水溶液の沸点は純水に比して高く(沸点上昇)、融点は低い(凝固点降下)。これらを利用して溶質の分子量を求めることができる。[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐ようえき【水溶液】

〘名〙 溶媒が水である溶液。ある物質を水に均質に溶かした液。例えば食塩水
※舎密開宗(1837‐47)内「此に半炭酸曹達の水溶液を点滴して飽和し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水溶液の関連情報