コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水溶液 スイヨウエキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水溶液
すいようえき
aqueous solution

水を溶媒とする溶液の総称。溶液は溶質溶解度によって上限が示されるが、溶質が1種類のとき純溶液、複数のとき混合溶液という。水溶液は日常生活でしばしばみられるが、化学では溶質が単純な化合物の場合に水溶液といい、血液やせっけん水などは水溶液とはいわない。
 水は極性物質であるので、溶質が極性物質であるとき水溶液を形成する。溶質が無機塩であるとき、その水溶液は電導性を示す(たとえば食塩水)。ヒドロキシ基をもつ有機物質は水に溶ける(たとえばエタノール、砂糖)が電導性は低い。前者は、水中でイオンに解離するため電導性が現れるのに対し、後者は水素結合による分子の解離であるためである。水溶液の中の溶質の量を溶解度で表す。溶解度は温度により、溶解の限度は溶解度積によって定まる。水溶液の沸点は純水に比して高く(沸点上昇)、融点は低い(凝固点降下)。これらを利用して溶質の分子量を求めることができる。[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水溶液の関連キーワード銀シアン化カリウムターンブルブルー水素イオン指数水酸化カリウム硫酸カルシウムアルカリ性洗剤シアン化水素酸ハロジェナス炭酸カリウム明礬石化作用アンモニア水熱水交代作用ダニエル電池アルコール計液状ブドウ糖過酸化水素水ホルマリン過酸化水素次亜塩素酸インキ消し

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水溶液の関連情報